記事一覧

ワケがわからないほどメカメカしい面構えの腕時計に男が惹かれるワケ

時計愛好家には技術者や科学者といった理系が多い。未知への旺盛な好奇心とともに、最先端の技術にも関心が高く、常に冷静かつ理性的に物事に対処する。

だが一方で、問題については独自の仮定と検証を繰り返し、自身が納得しなければ、同調圧力にも屈しない頑固さを併せ持つ。そんな男にとって名刺代わりになる7つの腕時計をご覧いただこう。

凝縮されたオリジナリティと技術力
HARRY WINSTON
ハリー・ウィンストン/HW アヴェニュー・デュアルタイム オートマティック



ザリウムケース、縦53.8×横35.8mm、自動巻き。255万円/ハリー・ウィンストン 0120-346-376 ベスト3万3000円、シャツ2万5000円/ともにジャンネット(トヨダトレーディング 03-5350-5567)
ハイジュエラーとして名高いハリー・ウィンストンは、ウォッチメイキングの分野においても高い技術とオリジナリティを発揮している。宇宙工学や高度医療分野で用いられる素材、ザリウムは軽量性や摩耗耐性、酸化耐性に優れ、チタンより硬く、アレルギー性も低い。オーデマピゲ 時計 価格ガンメタカラーからはインダストリアルな先進性が漂う。左右で異なる表情が同居するフェイスは、スケルトナイズされた右(3時位置)側では昼夜表示を備えたホームタイムを、左(9時位置)側では3つのスリットを赤い時針がリレー状に移動するローカルタイムを示すのだ。

“走る実験室”で磨かれたF1テクノロジーが結集
RICHARD MILLE
リシャール・ミル/RM 11-03 フライバック クロノグラフ マクラーレン



カーボンTPTケース、縦49.94×横44.5mm、自動巻き。2130万円[予価]/リシャールミルジャパン 03-5511-1555
マクラーレン・オートモーティブとのコラボレーション第1弾は、マクラーレンカラーであるオレンジを纏った究極のモデルだ。ベゼルとケースバックは、厚さ45ミクロン以下のシリカ繊維を45度ずつずらしながら積み重ねて特殊な機械で製造されたクオーツTPTを、カーボンTPTの層の間に挿入。そこから加熱と圧縮を加えて完成させたものだ。プッシャーはヘッドライト、ベゼルのチタンパーツは吸気ダクト、リュウズはホイールをイメージ。

3Dプリンターによりチタンケースの中空構造を実現
PANERAI
パネライ/ロ シェンツィアート ルミノール 1950 トゥールビヨン GMT チタニオ-47mm



チタンケース、47mm幅、手巻き。1572万円/オフィチーネ パネライ 0120-18-7110
ひと目でパネライとわかる個性的なケースの製作に、このたびは最新鋭の3Dプリンターを導入した。直接金属レーザー焼結方式と呼ばれ、粉末状のチタニウムを使用したファイバー光学レーザーにより3Dのオブジェクト層を形成する。


※上の画像はイメージです。
これにより、従来では成し得なかったケースの中空構造を実現。スチールに比べて約40%の軽量を誇るチタンのさらなる軽量化を実現したのだ。スケルトン文字盤にはトゥールビヨンと昼夜表示付きGMT、6日間のロングパワーリザーブを備える。

【関連記事】:すべての最高級のデザインは私たちの生活と切り離せない

コメント一覧

モンクレール老舗 URL 2021年09月10日(金)11時14分 編集・削除

モンクレールはフランスで生まれたプレミアム・ダウンの老舗ブランド。

【2021-2022】秋冬注目 URL 2021年09月10日(金)16時24分 編集・削除

世界的に知名度の高いハイブランドも、続々と2021-2022年秋冬のコレクションを発表しています。ここでは、2021-2022年秋冬に注目したいハイブランドとコレクションの特徴を紹介します。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー