記事一覧

【世界初のロレックスを知ってますか?】

歴史上初めて計測機器としての体裁を整えた。もっとも、これ以前にもロレックスは存在したとされるが、信頼に足る資料があり、かつ現物も残っているのはこれだけであり、世界初のロレックスとして広く認知(ギネス記録認定)されている。

完売必至!人気 ロレックススーパーコピー デイトナ Ref.116500LN ラ・モントーヤ

リファレンス番号: 116520ベース
ケースサイズ: ケース径 40mm
ケース素材: ステンレススチール
防水性: 100m(10気圧)
ムーブメント情報
キャリバー: モディファイされたロレックス4130(22金のグレーゴールドローター)
パワーリザーブ: 72時間
駆動方式: 自動巻
振動数: 4hz 28,800振動/時
石数: 44石
La Montoya(ラ・モントーヤ)は、アーティザンズドゥジュネーブとレーシングドライバーのファン・パブロ・モントーヤがコラボレーションしたモデルです

元のベゼルは、フォージドカーボンを機械加工したタキメーターベゼルに換装されています。これは、アーティザンズドゥジュネーブにより考案されたものです。

文字盤は、レーシングカーからインスパイアされたもので、スケルトン化され手作業による面取りと研磨が施されています。
クロノグラフ針の先端にある赤い矢印は、サンドブラスト処理されており、インダイヤルの針もそれぞれ特別なものに変更されています。

インダイヤルのカウンターは、モントーヤの出身地コロンビアの国旗の色である黄、青、赤で個別にハンドペイントされています。
ケースバックは、トランスパレントバック仕様で周囲にはアーティザンズドゥジュネーブのシグネチャー、シリアルナンバーそしてファン・パブロ・モントーヤの名前が刻まれています。
ムーブメントは、アーティザンズドゥジュネーブの特徴の一つであるソリッドゴールドのローターが搭載されています。素材は22金のグレーゴールドで、中央部分はくり抜かれています。

La Montoyaは、私がこれまで見てきたデイトナのカスタムウォッチの中でも最もスポーティで現代的なモデルだと感じました。
ロレックス デイトナの名を冠するレースで3度優勝したレーサーのコラボレーションウォッチというのは、非常に意味のあるものであると言えます。(残念ながら公式ではありませんが)

【関連記事】:2022腕時計のオークションとコレクション

トラックバック一覧

コメント一覧